手仕事・民藝の器について

お買い求めいただいたものを末永く使っていただくために、器の素材とお取り扱い方法をご紹介しています。
ぜひお使いの前にお読みいただければと思います。

手仕事の器の特性

moyaisで取り扱う手仕事・民藝の器は、機械で作られるものとは異なり、ひとつひとつ模様や大きさ、色、形が異なります。
また、焼成時に生じる色むらや釉薬のはがれなどの見られる場合があります。写真と多少異なる場合がございますことを予め
ご了承ください。

色と形の違い

色と形の違い

温度や気候の変化、窯での置き場所による火の当たり方、釉薬に含まれる成分の配合など、
焼成時の条件は常に変化します。 そのため同じ釉薬を使用しても、焼き上がりの色にバラつきがあります。
ひとつひとつの器がもつ表情を楽しんでいただければと考えております。

釉薬の垂れ

釉薬の垂れ

陶器はひとつひとつ手作業で釉薬をかけています。また、釉薬の種類によって焼成時の溶ける温度が異なるため、釉薬が流れることがあります。
その器が持つ表情のひとつとしてお楽しみください。

細かいひび=貫入(かんにゅう)

細かいひび=貫入(かんにゅう)

貫入とは焼成の際、素地と釉薬の収縮率の違いにより器の表面に生じる細かな
ひび割れのことです。商品の破損によるひびとは異なります。使用前に生じることも
ありますが、使用する上で問題はありません。

素材について

磁器

磁器

・長石や珪石などガラス質を含む陶石でつくられます。
・土の素地は白で透明な釉薬を施すことがほとんどです。
・1300〜1400℃の高温で焼かれます。
・焼成後は半ガラス質になり水を吸いません。
・叩くと金属のような高い音が出ます。

陶器

陶器

・地中の粘土層から掘り出す粘土でつくられます。
・土の素地は茶系、グレー系など色があります。
・1000〜1300℃で焼かれます。
・焼成後も水を吸うため、釉薬をかけておくことが多いです。
・叩くと鈍い音が出ます。

漆器

漆器

・素地に天然漆を塗ったもの(合成漆器は漆以外の
樹脂塗料を塗ったもの)です。
・下地を作った後で下塗り、中塗り、上塗りなど
いくつもの塗りの工程を経ます。

ガラス

ガラス

moyaisで取り扱うガラス商品は「吹きガラス」です。
吹きガラスには、空中でガラスの種を吹いてふくらませる成形方法と、金属などの型にガラスの種を入れ、その中でふくらませる成形方法があります。吹きガラスの原料は、主にガラス生地(工芸用のガラス片)と再生ガラスです。

ご使用いただく際は

高台(器の底)は出荷する前に砥石で磨いておりますが、ザラつきが気になる場合はお使いになる前に目の細かい
サンドペーパー(80番くらい)や砥石で磨いてください。

土鍋の目止め方法

>土鍋の目止め方法

陶器と同じような目止め方法も効果がありますが、土鍋はひびが入りやすいため、ご使用前におかゆを炊くとより一層効果的です。

詳しくはこちらをご覧ください →「土鍋レポート」

無塗装のケヤキパン皿・バターべらについて

無塗装のケヤキパン皿・バターべらについて土鍋の目止め方法

塗装されていないため、使用後は水洗いできません。固く絞った布巾で汚れをよく拭いてから、十分に自然乾燥させてください。
使い込むほどに油などが染み込み、色が濃くなります。経年変化をお楽しみください。

詳しくはこちらをご覧ください →「パン皿レポート」

トップページへ